周りと差がつく!取るべき資格

>

今あると良い力

対人力を高めよう

対人力を高めるうえでオススメしたい資格がホスピタリティ検定です。
この試験では、試験対策の学習によりホスピタリティを学ぶことができ、また会社内でも、商談相手とも、顧客相手とも実践的に使うことができる資格です。
より良い人間関係を構成することができるようになります。

この資格を手に入れると、顧客満足度(CS)の向上も望めますし、どう対応していいかわからず、憂鬱な部下育成も、部下との良好な関係のまま、傷つけることなく行うことができます。

3級と2級が存在し、3級は3月と10月の年2回試験が行われ、2級は3月に年1回のみ行われます。
試験日が決まっているので試験日から逆算して計画的に試験勉強が行えます。
ぜひ、まずは3級から挑戦してみてください。

今必要なマネジメント力

昭和に比べて圧倒的に増加した心の病。
もし、自分や親しんでいる同僚、上司、部下が心の病にかかったら、少しでも力になりたいですよね。
そんな貴方にお勧めなのが、メンタルヘルス・マネジメント検定です。
この資格の主な目的は、「心の健康を管理する」ことです。
この資格を取得された方の多くは過去に身近な大切な人が心の病にかかり助けたいと考えた方が多いです。

試験はⅠ種~Ⅲ種まであり、毎年2回あります。(Ⅰ種のみ年1回)
Ⅲ種がセルフケアで、組織における重圧から自らを守る、メンタルヘルス対策が目標です。
Ⅱ種がラインケアで、部門内、上司や部下のメンタルヘルス対策の推進が目標です。
Ⅰ種がマスターケアで、社内のメンタルヘルス対策の推進が目標です。

Ⅰ種は合格率10%程度なので心して臨みましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る