周りと差がつく!取るべき資格

>

経営に関係する資格

中小企業診断士

実際にビジネスで役に立つ、経理関係の資格として中小企業診断士を紹介します。
経営コンサルタントの国家資格は実は一つしかなく、その一つというのが中小企業診断士です。
資格をとるうえでは販売、会計、財務、マーケティング、生産管理が学べます。
つまり、この資格は大学の経済学部で学ぶ内容を広く学ぶことができます。
そして、中小企業診断士の資格は、すぐに実務に使えることが最大の強みです。
ビジネスマンとして知っておくべき内容を手に入れられるだけでなく、経営者目線も手に入れられるのです。
にもかかわらず、全国で18,000人しか資格を取得していないというのが中小企業診断士です。
つまり、おそらく同じ会社にこの資格を持っている人はいないので唯一無二のレア感があります。

日商簿記

次にご紹介するのは、なんとなく聞き覚えがある、日商簿記の資格です。
そもそも簿記とは何なのでしょう?
簿記とは、企業の大小や、業種、業務に関係なく、日々の経営の活動記録や、決算整理、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

つまり、どの企業にも質の違いはあるものの簿記は存在します。
ということは、確実に企業に必要なスキルです。

ビジネスの基本であるコスト感覚が手に入れられるため、自分の案件がコスト面で却下されたときに、どこをどのように変えれば案件が通るかが分かるようになります。
また、取引先の経営状況が把握できるようになるので、契約が結べるギリギリの妥協点が分かるようになり、より良い取引きが可能になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る